加古川市・加古郡・姫路市での農地転用、土地建物調査は【村上行政書士・土地家屋調査士合同事務所】

村上行政書士・土地家屋調査士合同事務所

村上行政書士・土地家屋調査士合同事務所

現況測量・境界確定測量

現況測量

 売却や登記のために、土地の広さを測ったり、正確に隣地との境界をはっきりさせる測量や境界標の設置を行ないます。

現況測量

 依頼地に存在する境界標や工作物(建物やブロック塀、電柱や道路等)を測量して、現況の面積を求めたり、平面図を作成する測量です。境界確定測量と異なり、隣接土地所有者や市町村等との立会いは不要なので期間も短く費用も安価でご提供できます。自分の土地が大体、何坪(何平方メートル)か知りたい場合等にお勧め致しますが、正確に隣地との境界をはっきりさせるには境界確定測量が必要となります。

●建物を建築するに当たっておよその形状・面積を知りたい方
●土地の売却を考えていておよその面積を知りたい方

境界確定測量

 土地境界確定測量とは隣地所有者の立会い・確認や官公署の図面をもとに土地の境界を全て確定させる測量のことです。
民有地とは境界確認書(筆界確認書)を交わし、公共用地とは官民境界協定書を交わします。
現地には、コンクリート杭や金属プレート等の永続性のある境界標を設置する事で、境界問題の次世代への移行を未然に防ぎます。
また、分筆登記や地積更正登記を申請するためにはこの境界確定測量が前提となる場合がありますので御注意下さい。

●お隣との境界をはっきりさせるため、境界標を設置したい。
●土地の正しい面積を知りたい
●土地を売りたいが、境界を明確にする事が条件となっている
●登記簿の面積が実際と違うので直したい(地積更正登記)
●土地を分割したい(分筆登記)

土地境界点復元測量

 工事や災害などにより境界標が無くなったり、移動してしまった場合に境界標を元の状態に復元するための測量です。
法務局備付けの地積測量図やお客様保管の境界確認書、役所備付けの官民境界協定書等を元にして、隣接土地所有者の立会いの上、境界標を復元いたします。

●工事により境界標が無くなってしまった。
●災害により境界標が移動してしまった。

このページのTOPへ